あなたの歯の痛みの原因はどれですか?

「歯が痛い」と一言で言っても、その原因はさまざまです。そしてその原因によって、治療法も異なります。当院では、痛みの原因をしっかりとつきとめ、それぞれに適した治療法をご提案します。次のような原因が考えられる場合には、まずはお気軽にご相談ください。

痛みの原因と治療法

あなたの痛みは、何が原因で起きているのでしょうか。次の症状と照らし合わせて適切な治療を受けましょう。

虫歯の痛み

虫歯の痛み

症状 甘い物や冷たい物を食べると歯がしみる、痛いときは、虫歯が考えられます。さらに進行すると、神経まで冒されてズキズキと激しく痛むように。悪化して炎症が広がると、膿がたまって強く痛み続けます。
治療法 虫歯に冒された部分を削り、インレー(詰め物)やクラウン(被せ物)をします。また、重度の虫歯になると、虫歯菌に冒されて死んでしまった歯の神経を取り除く根管治療を行います。治療できないほど進行してしまった場合には、抜歯が必要です。
知覚過敏の痛み

知覚過敏の痛み

症状 冷たい物を食べたりブラッシングしたりすると歯がしみる場合、知覚過敏である可能性があります。歯の表面のエナメル質が摩耗したり、歯ぐきがやせて敏感な歯根が露出したりしてしまったことによるものです。
治療法 患部に薬剤を塗ったり樹脂でコーティングしたりすることによって、刺激を防ぎます。神経が炎症を起こすまでに症状が悪化した場合には、歯の神経を取り除くこともあります。
歯ぐきの炎症による痛み

歯ぐきの炎症による痛み

症状 体調がすぐれないときなどに細菌が歯ぐきに炎症を起こし、痛みを生じさせることがあります。一時的な症状で終わることもありますが、慢性症状になることもあるため、治療が必要です。
治療法 痛みの原因である細菌を取り除きます。歯と歯ぐきの間に入り込んだ細菌の棲みつくプラーク(歯垢)や歯石を、徹底的に取り除く治療を行います。
顎関節症の痛み

顎関節症の痛み

症状 「口を開け閉めするときに顎が痛い」「顎関節がカクカク鳴る」などという場合には、顎関節症の可能性があります。この原因には、咬み合わせの乱れや歯ぎしり、食いしばりなどが考えられています。
治療法 症状が続く場合には「スプリント」というマウスピース型の専用器具を用いて、顎にかかる負担を軽減させる治療を行います。

「痛み」とは、なんらかの異常が起きていることを知らせるサインです。